FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015 FD

夏は暑いから嫌いだ。
キンキンに冷やした部屋から出たくない。

さらにコンテストにフル参加する体力も気力もモチベーションもない。

今年からできた 「電信 シングルオペ オールバンドモーニング」にエントリーした。

無線用に使用してきたノートPCがちょっと前に昇天してしまい。
別のノートPCに変えた。
前のはWin7 (32bit) 今度のは Win7 (64bit)

前から確かめておかなければと思っていた、USBハブを使用した場合の動作チェックを行った。

リグコンはUSBハブ経由でもOKだが、Winkeyが正常動作しなかった。
私の使用しているWinley は Version10 チップは本家のものだろうが
JN2AMD 山内さんが頒布されているものだ。

時間がなかったので、今回は、両方共PC本体のUSBポートを使った。

ロギングは毎度の N1MM Logger+

朝6時開始、全然やる気が起きない。
N1MM+の設定がAll Asianのままになっていて
設定を変えたのだが、ナンバーを「27M」ではなく「27」にしてしまった。
最初に呼んだ JK1JHU/1 にはご迷惑をかけた。すんません。

気分がなかなかコンテストモードに切り替わらない。
30分ちょいで、とりあえずやめて、他のことをしてた。

結果
2015_FD_Score.jpg


何か参加局が異様に少ないように感じたのだが?

今回のルール変更では、
・何故、開始時間が早まったのか?
 屋外で参加するにはアンテナ建てるだけでなく、食事も取らなければならない。
 3時間も早めるには、機材をコンパクトで早く設営できるものにしなければならない。

・終了時刻
 一番暑い時間に終わっても、この時間の撤収作業は大変だ。

・フィールドステーションの得点が倍にならない
 これは何かのミスなのだろうか?

・ホームステーションの出力50Wまで。
 これは評価できる。

ログもちゃっちゃと出して、終わり。

FDは最早私には、夏の風物詩ではなくなったことを改めて確信した。

スポンサーサイト
[ 2015年08月02日 16:17 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)

2015 ALL ASIAN CW

ずっと体調が悪いこともあり、いつも直前準備。
通常、リグの前にはダンボールが積まれていて、
コンテスト時のみダンボールをどけてオペレート場所を作る。
机とか無いので、あぐらをかいているので疲れやすい。

愚痴をいっても仕方がないので、参加報告。。

WPXに続いて、RBNを見ながら、呼んで取ってもらえるSNRを調査。


2015AA_CW_1.jpg

手前がロギング用PC。奥がRBNワッチ用のPC。
真ん中のリグはOさんからお借りしているFT-1011。
マウスパッドとメモ書き用テープルになっている。

コンテストは定時にスタート。

北米は私のところで呼べるほどの強さでは入感していない。

他の作業をしながらダラダラとコンテスト。

WPX CW で大体分かったのだが、RBNでのSNRが
呼んで取ってもらえる目安となるしきい値が20dB くらいである。
夕方の21MHzでは 30bB くらいで入っていないとダメなようである。

RBNはJA局がスポットしているもののみ見ている。

最初は7,14,21,28MHzを1画面で見ていたのだが、途中で、各バンドのみのWindowをタブに追加した。

2015AA_CW_10.jpg


このRBNワッチ用に使用したThinkPad X32 だが、不調で、
・熱でアッチッチ
・途中でトラックポイントが効かなくなる。
・そのときはキーボード入力も効かなくなる。
・外付けマウスはかろうじて動く。

強制シャットダウンが効かないので、ACアダプタとバッテリーを外して電源落として再起動を繰り返した。

2015AA_CW_3.jpg

エラーメッセージを見る限り、放熱の問題みたい。

2015AA_CW_4.jpg

アイスノンで冷やして、何とかごまかし。
アイスノンは2つ使ったが、この写真ではないやつのほうは
気付いたらアイスノンがかなり熱くなっていた。


さて、夜中のコンディションは初日のほうがかなりよかったようであった。
ずっと聞いていたわけではないけれど、随分と差があったように感じる。


All Asian はナンバーが年齢とということで、コンテストそのものより
各局の年齢チェックをしていた。

W,VEは年齢高め。
EUは若い人から年配な方までいろいろ。
JAは気のせいか、50歳前後がやけに多かった。

私も50(今年51になる)なのだが、プラスマイナス1歳 でピックアップしてみると
JH4UYB
JS3CTQ
JH8SLS
JM1NKT
JR4CZM
JA1BJI
JP7DKQ
JF2QNM
JP1LRT
JH0NEC
JI3CEY
JM1LRQ

現在のJAのTOPをひた走る、JH4UYB & JS3CTQ の両局もここに。


別のトラブル

回り込みを起こしていて、モニター音が濁る。
受信の回り込みだけならまだいいのだが、送信にも回り込んでいたら恥ずかしい。
7MHzが特にひどかったようである。

原因はこれ

2015AA_CW_2.jpg

FT-1000MP SP OUT -> SCAF-1 -> DAIWA AF-606K

SCAF-1 は回り込みに弱いと、どこかのWEBで見たような気がする。

この接続にしたのは、WPX CW から。
私はEDSP OFF にして アナログで聴くのが好きなので
ヒスノイズ低減に SCAF-1 が役に立っている。
とりあえず、次回までに、オーディオラインのケーブルにコア巻いておこう。


その次のトラブル。

日曜日の夜、21MHzに出ようとしたら、SWRが落ちない。
ベランダに出て釣り竿チェックして見たが、特に問題なし。
雨が降っていたので、多分そのせいであろう。

未明には雨があがったようで、その時間にはSWRは落ちるようになった。


結果

2015AA CW Day2_Score


タイムチャート
2015_AA_CW_Statistics_Day1.jpg
2015_AA_CW_Statistics_Day2.jpg


運用時間
2015_AA_CW_Offtime.jpg



ハイライト
1351Z 14MHzで RJ4P とQSOした後、7MHzにQSY依頼された。
7MHzでも強力に入ってたのですぐに取ってもらえた。

QSY依頼ってあんまりされたことないんですよ。


ローライト
相変わらずの飛びの悪さ。
むしろ、こんなええかげんなアンテナでよくここまで飛ぶと考えたほうがいいのか?



オマケ

そこは私の運用ポジションなんですが…。

2015AA_CW_5.jpg




[ 2015年06月24日 19:49 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)

2015 CQ WPX CW

明日は ALL ASIAN CW だというのに…。

もう記憶がかなり薄れてきているが、とりあえず結果だけ書いておく。
後で追記していく予定。

Single OP ALL Low Assisted

初めてAssisted にエントリーしてみた。
RBNを見ながら、各バンド、どれくらいの強さの局なら取ってもらえるのかのチェックをかねて。

とりあえず結果

2015CQ_WPX_CW_Score.jpg

最初からあまりやる気なく、散髪的な参加になった。
Runできないのでこんなもんか?


2015/06/24 追記

この時期の各バンドのコンディション傾向はほとんど記憶に無い。
ほとんどやっていないのか?

タイムチャート
2015 WPX CW Statistics Day1
2015 WPX CW Statistics Day2


開始早々、RBNを見ながらワッチするが、スポットされる W が全然聞こえない、もしくは呼べる強さではない。
8QSO でやる気なくした。

タイムチャートに書いてある通りで、たまにちょこっとワッチして、QSOする。
21MHzは遅い時間まで開けているのだな。

今回、コールサインさえ取ってもらえれば、ナンバーを聞き返さえることは殆どなかった。
しょぼい信号なのに、やっぱSDRでデコードするのが当たり前になってきてるのだろうか?

[ 2015年06月19日 20:10 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)

2015 ALL JA

2月のARRL DX CW 以来のコンテスト参加である。

当初 JIDX CW に参加するつもりでいたが、ひどい風邪にやられて寝込んでいたので不参加。


いつものごとく準備は直前バタバタ。
前日に無線用PCのWindowsUpdateを済ませて
N1MM Logger+ 関連のアップデート。
JA.secをALL JA用に変更。
FunctionKeyの設定も変更。

アンテナはずっと振り出したまま放置していたが、目視で異常がないことを確かめ
7MHzのSWRも問題ないことを確認。

CQ ham radio で 7MHzのコンテスト用周波数は10KHz広がったことを知る。


エントリーは「C7M」

開始時間になっても今ひとつやる気が起きないが、とりあえず呼びまわる。
ちょっと早めのCWで 「S」 と 「H」 の判別に苦労する。
JH4WBY が JS4WBY にしか聞こえない。

耳が馴染んできたので22:30 7033KHz でRun開始。
とりあえず100局目標にダラダラする。
23:43 でやっとことさ 100QSO。

呼ばれ方は今ひとつ。
00:30 Run を切り上げ、S&P でひと通り呼びまわる。
00:59 のQSOで とりあえず休憩に入る。

何というか、はっきり言って、「もう飽きた」
自分の設備では大して多くを望めないことはわかっているので
全くモチベーションが上がらないのである。

NHKで大英博物館の番組をやっていたので、それを見ていた。

03:17にちょろっと聞いたところ、ニューマルチ39を呼んで、他に2QSOして再びTVウオッチング。

5時から7時まで2時間位寝て、07:25 再び参戦。
やっぱり思っていた以上に呼ばれ方が今ひとつ。
09:53 で再び休憩へ。

全然やる気を起きねぇ。

2時間ほど昼寝。

退屈なので、13:28 再び参戦。
根気が続かず、15:07から16:26まで80分休憩。

この時点で252QSO。
これまでの手応えから400QSOは到底ムリだろう。
とりあえず300QSOはやりたい。

16:27 気合を入れ直して、カムバック。
18時過ぎに猫にご飯を上げるのに5分ほど中座したが、一応21時まで頑張る。
20時前後から、何だか意識が朦朧としてきて、コールが一発で取れない。
最後の30分は呼びまわったが取りこぼしが多数。
とりあえず終了。

画面のキャプチャー、時間をUTCからJSTへの変更。
必要なファイルのエクスポート等を済ませる。


全体的な感想。
アンテナは相変わらず4.5mの釣り竿+ATU。
電車通過時のノイズはいかんともしがたい。
パワーコード「H」を送ってくる局が多かったが、500W&1KWの強さではなく
恐らく200Wの局だろ思われる。
周波数幅が20KHzから30KHzと広がったせいか、500Hzのフィルターで
ほとんど問題なかった。
呼ばれ方が今ひとつだったので、Dual Watch を何度が試したが
外付けAPFがモノラルなので、ヘッドフォンを本体に繋ぎ変えが
面倒だった。Dual Watchは結局有効には使えなかった。
N1MM+ のExchgフィールドが空欄でもログされてしまうバグは
まだ直っておらず、何度もパニクった。
こういうときは、ESCで止めて、Ctrl+Q で 最後のデータを呼び出して、Insertキーで Call+Exchg送出でしのいだ。


QSOして頂いた方、ありがとうございました。




結果
2015ALL JA_Score
Dupeが 3QSO あるので 353QSO


マルチ獲得状況
2015ALL JA_Multi


タイムチャート
2015ALL_JA_Timechart.jpg



Offtime
2015ALL_JA Off_Time
これから運用時間は13時間弱となる。




Run QSO's
2015ALL_JA_Runs2.jpg




今回の画面レイアウトは以下の通り。
2015ALL_JA_Full_JST_800.jpg
BandmapもAvailable Window も実質使わなかった。



ファンクションキーの設定は以下の通り。
2015ALL_JA_FKey.jpg

[ 2015年04月30日 15:09 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)

2015 ARRL DX CW

あまり積極的に出るつもりではなかったのだが
一応開始時間に28MHzを聞いてみるとコンディションがいい。
慌ててセットアップしてコンテスト突入。

以下、ログとメモから。


スタートが遅れた。

2015-02-21 0000Z - 2015-02-21 0026Z 00:27 (27 mins) (Start late)

0027z 28005 K6XX CA からスタート

0145z 21004 N2IC NM

0214z 28024 K7JA CA
0216z 28045 K7ZS OR

他に新しい局が聞こえないので21MHzにおりる。
7局QSO

0258z 14021 NR6O CA
0301z 14027 NX6T CA
14MHzは全然聞こえない。

21MHzに上がる。
0333z 21058 N6NF CA
まで7QSO

0333z(12:33) 21MHはまだ聞こえているが弱いので一旦休憩。

昼寝
2015-02-21 0334Z - 2015-02-21 1042Z 07:09 (429 mins)


1043z 7001 K6XX CA

1244z 7043 KY7M AZ

1254z(21:54l) 休憩へ
2015-02-21 1245Z - 2015-02-21 1332Z 00:48 (48 mins)

1333z 7001 K7AR WA
3QSO

1412z(23:12) 休憩へ
2015-02-21 1405Z - 2015-02-21 2128Z 07:24 (444 mins)

2129z 21009 KE7X MT からスタート

2152z 21009 N3RS PA
K3LRより先にPAが出来た。

2234z 28004 WJ9B ID

5QSO

28MHzが今ひとつ

21MHzと行ったり来たり

2319z 21013 K3LR PA

21027.4 K2QMF NY
 全然相手にされず。

28Mz JA3XOG メーター振り切れ
WEBでチェックするとお隣の西宮市甲子園
6eleに500W。うらやましい。


2340z 28009 K3LR PA
28MHzでも出来た。

0016z K8AZ 21029.1MHz OH
 全然取ってもらえない。

28MHzは昨日よりバンドがあまりオープンしていない。
21MHzは東海岸まで聞こえるもののほとんど取ってもらえない。

28MHzでとりあえずQSOを積んでいく。

21/28MHzを行ったり来たりするが今ひとつ面白くない。

0115z 14057 K7KU WY

14MHzはほんま聞こえん。

10:17 休憩へ
2015-02-22 0116Z - 2015-02-22 0853Z 07:38 (458 mins)


08:54 7002 N0NI IA
 一発で取ってもらえた。

7MHzは昨日と違って国内がスキップしておらずWがほとんど聞こえない。
2QSO

休憩
2015-02-22 0900Z - 2015-02-22 1320Z 04:21 (261 mins)

1321z 7013 K7ZS OR

1327z 7012.1MHz K0TO ID かすりもせず。

休憩
2015-02-22 1322Z - 2015-02-22 2119Z 07:58 (478 mins)

06:01 14041.12MHz
コールサインがメモに書いていないが聞こえ始める。

2110z(06:10) 21MHz W6YA、N2IC 聞こえ始めた

2120z(06:20) 14057.41 K6SRZ 強力に入感。
2120z 14057 K6SRZ CA
1QSOのみ。

2126z(06:26) 21MHz開き始めた
2137z 21002 NR5M TX

2143z(06:43) 21019.17 N4WW FL
 この後何回も読んだが相手にされず。

東海岸まで聞こえるものの取ってもらえず。
2147z(06:47) 21032.97 VE3OI ON
2155z(06:55) 21001.44 K4TCG TN
2200z(07:00) 21002.48 W3LPL 弱い
2220z(07:20) 21003.82 K3ZO MD
2243z(07:43) 21041.47 WK1Q MA

昔の設備ならこの辺の局は聞こえれば何とか取ってもらえていたのだが・・・。
どうも21MHzは飛びが悪い。

2307z(08:07) 28003.40 N4WW FL
 かすっているのだがQSOに至らない。

2313z 28012 K2SSS NY
 急に信号が浮き上がり、その瞬間にQSO出来た。

2333z(08:33) 21001.70 N1RR MA
 やっぱり21MHzは飛ばない。

2335z(08:35) 21024.02MHz K1ZZ CT
かすって少し粘ってくれたのだが、もう少しでQSOに至らず。

2340z(08:40) 21026.36 NU2M NJ
 NJはもう1局聞こえていたがどちらもQSOできず。

最後は
2359z 21009 K6LL AZ
で終わり。


Score
2015ARRL_CW_0223_0000z_Score.jpg


Multi (赤色は未QSO)
2015ARRL_CW_Multi.jpg

マルチ表示は最初は下記のようになっていたのだが、我が家のニャンコに
キーボードを踏まれて表示形式が変わってしまった。
元に戻す方法がわからず、狭いWindowを占領してしまった。

ARRLDXCW_Multi_org1.jpg


タイムチャート
2015ARRL_CW_TimeChart1.jpg


Available Window

2/22 2218z
2015ARRL_CW_0222_2218z_Available.jpg



2/23 0000z (コンテスト終了直後)
2015ARRL_CW_0223_0000z_Available.jpg


もう少しメモを取るか画面をキャプチャーしておけば良かった。




Super Check Partial (master.scp) にコールが載った効果は大きく
JE6 の /3 で引っかかればほぼ一発でフルコピーしてもらえた。
それでも数局はミスコピーされた。


アンテナは何もいじっていない。
4.5mの釣り竿 + ATU。
ノイズの状況は相変わらず。
このしょぼいアンテナの割には健闘しているのだろうか?


愛用のAPF (DAIWA AF-606K) の調子が悪く、FT-1000MP の APF (EDSP) に
頼る場面が多かった。EDSP OFF で AF-606K を併用するのが気に入っているのだが
さすがに30年前の製品、不具合出てもしょうがいないか。
突然、オーディオ信号レベルが下がって聞こえなくなるので
電源SWをON/OFF繰り返したり、入力端子をいじったりしたが
電気的な問題のような感じである。
困ったものである。

[ 2015年02月24日 07:38 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

je6ekc

Author:je6ekc
2703 よりアパマンでほぼコンテストのみにQRVしています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。