FC2ブログ
壊れかけのラヂヲ TOP  >  2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

udc (User Defined Contest) 作成時の注意

N1MM Logger+(Classicも同じ)はユーザーがコンテスト定義ファイルを作ることが出来る。

中身のパラメータの説明は以下のページを見て欲しい。
http://n1mmplus.hamdocs.com/tiki-index.php?page=The+User+Defined+Contest+Editor

編集には、UDCeditor.exe を使うと便利である。
この UDCeditor.exe だが、なぜかN1MM+のパッケージには付属してこないので
私は、Classic のUserDefinedContestsフォルダにあるものをコピーして
N1MM+のUserDefinedContests に置いている。
拡張子と関連付けしておく便利である。

UDCeditor_sample.jpg

使用にあたっての注意は、
各項目を変更したら、その項目ごとに「Set Value For Key」ボタンを押さないと反映されないことだ。
Revisionは 1.0.0 から初めて、変更したらバージョンを上げる。
これは自動的には上がらない。

UDC作成に当たっての注意としては
[Contest]の下にある
name=KUMAMOTO

この項目でNew Log を開いた時に出るコンテスト名が決まるということだ。
この例ではKUMAMOTOがリストの中に出てくる。
ファイル名は何の関係もないことに注意が必要である。

secファイルの名前は
MultWindowType=kumamoto
この項目の設定で決まる。
この例とだと、kumamoto.sec となる。

通常は混乱しないように、ファイル名とこの2つの項目を同じにしておくと
間違いがないと思う。

スポンサーサイト
[ 2015年01月18日 02:16 ] カテゴリ:N1MM Logger | TB(-) | CM(0)

udc & sec file

N1MM Logger で JADOMESTIC を使っておられる方で
JA.secをどこのフォルダに置いたらよいのかわからない方が多いと聞く。
かくいう私も、インストールし直したときなど、忘れる。

secファイルは

Classicの場合
N1MM Loggerをインストールしてあるフォルダ。
デフォルトインストールだと
c:\N1MM Logger

N1MM Logger+ の場合は
マイドキュメント\N1MM Logger+\SupportFiles\
である。

ちゃんと配置されていないと

Select_JADOMESTIC1_2.jpg


のように「Import Section List」ボタンが表示されない。
正しく配置すると

Select_JADOMESTIC2_2.jpg

「Import Section List」ボタンが表示されるので、ボタンをクリックして
JA.secを読み込む。


それからudc(User Defined Contest)ファイルの配置場所だが。、
N1MM Loggerの下にUserDefinedContestsがあるのでそこに置く。
標準だと
c:\N1MM Logger\UserDefinedContests\
ということになる。

N1MM Logger+の場合、
マイドキュメント\N1MM Logger+\UserDefinedContests\
ということになる。

注意しないといけないのは、udcとsecファイルの配置場所が別の場所であるということである。
ちゃんと指定された場所に配置しないと
「Import Section List」ボタンが表示されない事となる。

注意されたし。

[ 2015年01月18日 01:45 ] カテゴリ:N1MM Logger | TB(-) | CM(0)

2015 オール熊本コンテスト

当初はこのコンテストに出る予定ではなかった。

兵庫コンテストで悩んだN1MMのUDCファイルの問題について
N1MM-JA-MLにJK6SEW 久保さんが投稿されたのを見て
udcファイルの検証をしていた。
いろいろ調べているうちに解決策がわかったので
試しにN1MM Logger Classic で対応版をビルドしてみたら
以外にあっさりとビルドできたので、
このお試し版を使ってコンテストに参加してみた。

JK6SEW 久保さんにもプログラムをメールで送っていたのだが
あいにくとメールを見ていなかったようで、このテストプログラムを
試したのは私一人となってしまった。

結果としてはプログラムはうまく動いてくれた。


結果

2015KUMAMOTO_Score.jpg


マルチ

2015KUMAMOTO_Multi.jpg


Logの一部
(コンテスト終了直後なので時間はUTCのまま)

2015KUMAMOTO_Log.jpg


お昼頃から始めたのだが、その時間帯は6エリアの信号は全体的に弱かった。
時間の経過とともに段々と強くなってきた。
熊本県内局の参加が少なく、時間をかけた割にスコアはしょぼい。
夕方少し寝たのでJA6GCEさんの3.5MHzを逃してしまった。
1.9MHz、28MHzの1QSOはどちらもJA6GCEさん。
特に1.9MHzはただ1局だけ聞こえていた。
リアルなRSTは539くらいだったが、さすがにGCEさん
相変わらずとても耳がいい。

Topコンテスターは飛ばす方も、聞く方も素晴らしい能力を持っている。
JH4UYB、JA6GCE
この2局はいつも凄いなぁと感じている。


金曜日の夜にログを提出したのだが
受付メールが返ってこなかったので問い合わせした。
問い合わせしたJG6TXWさんからは届いていないと返信が返ってきたが
その後、JA6HXWさんから受付メールが届いた。
自動処理ではないような感じだ。


次のコンテストはARRL DX CWの予定。

[ 2015年01月18日 01:28 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(0)

2015 オール兵庫コンテスト

せっかく書いた記事が消えてしまった。
記憶があるうちにもう一回書く。


またしても事前準備なしでのぶっつけ本番。
今回はロギングソフトに「CTESTWIN」を使ってみようと思っていたのに
インストールしてない、マニュアル読んでいないということで見送りに。

コンテスト当日の朝、急いでN1MM Logger+ 用の JA.sec ファイル作成。
何とか開始には間に合った。

参加部門は 県内局 電信シングルオペ 7MHz

基本的に呼ばれるコンテストなのでRun中心。

コンテスト開始後はS&Pから。
やっぱり呼び負ける。
7局QSOした後、0938JST 7018.0 でRun。

ロギング開始した時点で、Exchg が Invalid Section と判定されてしまう。
調べる時間もないので「 Ctrl + Alt + Enter 」 で全て強制確定。

ESMモードが期待通りの動作が出来ないことで
予定外の符号が送信されてしまったりで、かなりのヘボオペになってしまった。

Run
1.CQはAutoで垂れ流し
2.呼ばれたらコール入力しEnter
3.相手にはコールとナンバーが送信される。
4.相手のナンバー入力。
5.通常はこの後はEnterなのだが、Exchgが理解できなくAgnを送信してしまう。
6.そこで、TUをはEnterでやるのではなく、F3キーで行った。

今回は大して呼ばれないので、久々にFT-1000MPのDualWatchを使った。
もちろん送信中は聞けないが、QSK運用なので、符号の合間に信号の存在は
わかるし、CQの間隔をかなり空けることで、他の局の呼ばれ具合もチェックできた。

DualWatchが得点に寄与したのは3局くらいだが、ブランクがあるものの
一時SO2Rシステムを作りかけていたので、そんなに違和感はなかった。

今回の設備は先月から変わっていない。
FT-1000MP、4.5mの釣り竿LW+ATU。
先月、6.3mの釣り竿を入手したので試したかったが間に合わなかった。

今回一番困ったのは電車の通過時のノイズ。
我が家は目の前が線路なのでノイズが凄い。
普通電車が片側車線で15分おきに通る。
上り下りは5分位時間差があったと思う。
さらに快速、新快速も通過する。
電車が通過する約1分はリグからは「ゴー」というノイズで
全く信号が受信できない。
これに関しては、現状解決策はないので我慢しか無い。


目標設定だが、昨年の結果をWEBで見て、300QSOくらいできたら上出来かなと思ったが
予想外に17時半頃にはもうスキップして全然聞こえなくなった。
その後、数局QSOしたものの、18時半にはもう嫌になって終了した。


結果は以下の通り

2015 HYOGO_Score

Dupeが3QSOあるので、本当は253QSOs、250ptsなのだが。。。


マルチ

2015HYOGO_Multi.jpg

私のQTH 2703 尼崎市の局には出会わず。


時間ごとのQSO数

2015HYOGO_2_Statistics.jpg


参考Rate

JE6EKC/3 Max Rates:

2015-01-04 0939Z - 2.0 per minute (1 minute(s)), 120 per hour by JE6EKC
2015-01-04 0948Z - 1.3 per minute (10 minute(s)), 78 per hour by JE6EKC
2015-01-04 1037Z - 1.1 per minute (60 minute(s)), 64 per hour by JE6EKC


相手ナンバーがマルチとして認識されないのは、大方予想はついていた。
コンテスト終了後、ナンバーの末尾にダミーでパワーコードを入れたら
マルチとして認識された。
元々、JA Domesticは国内コンテストでパワーコードがあるので
プログラム側でマルチ集計にパワーコードを無視するように
だいぶ前にJE1CKA熊谷さんが要望して実現したものなのだ。
オール兵庫コンテストのようにパワーコードがないものは
UDC(User Defined Contest) でコンテスト定義ファイルを作るのが
正しい方法だろう。

今回はコンテスト終了後に Log Windowで 相手ナンバーの末尾に全部ダミーのパワーコードMを入れて
Genericログを出力。テキストエディタでパワーコードを削除。
(コンテスト終了後に時間はUTCからJSTに変換済み)

JARLコンテスト 電子ログサマリー作成ページ
http://contest.jarl.org/summarymaker.htm

でサマリーを作成。修正済みのGenericログを貼り付けて提出。


今の設備でDXコンテストはあまりに虚しさしか感じないが、
国内コンテストなら、もう少しアンテナを工夫すれば何とか楽しめそうだ。
ちなみに今回は楽しいというところまではいかなかった。


JO3JYEさんのブログを見ると
http://jo3jye.ddo.jp/blog/log/eid2234.html
18時台でも40QSOくらいできているようだが、うちでは18時台2局だけ。
やっぱタワーの上のアンテナは違うんだろうな。
もちろんあちらの方がテクも含めて遥か上で、こちらは太刀打ちできないのだけれど。

精進します。

[ 2015年01月07日 00:38 ] カテゴリ:Contest | TB(-) | CM(3)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

je6ekc

Author:je6ekc
2703 よりアパマンでほぼコンテストのみにQRVしています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。